« 『日本人は読書人』 | メイン | ISO取得から見えてくる仕事の基本! »

名物解説者のサッカー哲学

北京オリンピックが間近に迫り、スポーツへの関心が高まりつつある今、サッカー解説者の松木安太郎さんの講演は特にお薦めです。
テレビで観る印象と全く同じで、さわやかでかつ礼儀正しい松木さん。
7月の真夏日に某地方銀行主催で行われた講演は、その暑さを倍増させるほどの熱気のこもったものでした。


特に強調されていたのは、「モチベーション」という言葉。


子供の頃から小さい体だったが、そこからサッカー日本代表になれたのも、常に向上心をもち、人一倍のモチベーションをもち続けたから。
野球のイチロー選手や陸上の有森裕子さん等、一流選手も例にとり、精神力の大切さを訴えていらっしゃいました。


松木さんのすごいところは、それを理論的に説明されるところだと思います。


不意に「あっ、今の笑っていいところですよ。」と時にはジョークを交えた講演に、一部熱烈なファンの方もいたりして、皆さん大満足だったようです。


スポーツを通して学ぶことは、万人に通じることがたくさんあると思います。
松木さんの講演は、対象者を問いません。是非一度、ご拝聴を!


松木安太郎 講演依頼情報


小林孝至


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年7月25日 19:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『日本人は読書人』」です。

次の投稿は「ISO取得から見えてくる仕事の基本!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。