« 2011年3月 | メイン | 2011年6月 »

2011年4月 アーカイブ

2011年4月11日

鬼塚勝也さん講演同行「夢の実現へ」

先日、埼玉にあります越谷市商工会議所青年部様主催の鬼塚勝也さんの講演会に同行してきました。


鬼塚さんは元ボクシング世界チャンピオンとして5度の防衛を果たし活躍されました。
現在は、ボクシングジムを経営し、会長として後進の指導しながら、TBSボクシング番組では世界戦などの解説を務められております。


MCとの掛け合いにて講演会が進み、ボクシングとの出会い、アマチュア時代、プロ時代、現在の取り組みをお話しいただきました。
講演会の途中で鬼塚さんがミットを持ち、参加者の中から希望者数名のパンチを快く受けていただきました。


会場にはボクシングファンのみならず、多くの方が参加いただき大盛り上がりでした。
鬼塚さんとお話して感じたことは、「何に対しても気持ちで負けてはいけないこと」
が大切。


鬼塚さんが「世界チャンピオンになれると思った事は一度もないです。
世界チャンピオンになると信じて行動し続けました」という言葉が印象に残りました。


鬼塚さんの講演をお考えの方は弊社までお気軽にお問い合わせください!


鬼塚勝也 講演依頼情報


盛川豪臣


INSPi学校公演コンサート同行 「声つながりで学校が一つに」

アカペラグループINSPiの学校公演コンサートに同行してきました。
今回は、私立中学高等学校様のPTA教育文化事業としてご依頼を頂きました。


INSPiは2001年フジテレビ系「力の限りゴーゴゴ!!」の「ハモネプ」コーナーへ出
演し、その後メジャーデビュー。
日本を代表するアカペラグループとして活躍されています。


IMG_0194.jpg


現在放送中の、2代目日立製作所CM「この木なんの木」で歌声を聴いたことがある
方も多いのではないでしょうか?


私も学生時代、「ハモネプ」は大好きでよくテレビを見ていたのでこうしてお仕事でお会いできる日がくるなんて感慨深いです...。


ステージは、みんな良く知っている曲のカバーから心がほっこりあたたかくなる歌詞が魅力のオリジナル曲まで、バラエティ豊か。
一人ずつ歌声が順番に重なっていって、すばらしいハーモニーに変わっていくと会場中から歓声があがりました。


INSPiのステージは、ただ聞いているだけの公演ではありません。
手拍子はもちろん、学校名でのコールアンドレスポンス、生徒さんを壇上に招いてのボイスパーカッション講座など(誰でも簡単にマスターできるコツを教えてもらえますよ!)
会場の体育館が、本物のライブハウスのような一体感に包まれ私も時間(と仕事)を忘れて楽しんでしまいました!


アンコールでは校歌をアカペラアレンジで歌うサプライズも。
これは嬉しいですよね。最後は全員立ち上がっての大合唱で幕を閉じました。


終了後、主催者様から「子どもたちのあんな楽しそうな顔が見られて良かったです」
とお喜びの言葉を頂き、より多くの主催者様にこの素晴らしいハーモニーを届けた
い!と意気込みを新たにしました。


講演依頼.comは講演会だけでなく、音楽ライブやサッカースクールなどのご企画も
承っております。


是非、お気軽にご相談下さい。


INSPi 講演依頼情報


市村絵理


2011年4月19日

池田香代子さん講演同行「私達は無力ではなく、微力である。」

最近学校関係や福祉関係のお客様から、人権講演会に関するご相談をいただきます。


「人権講演会を企画中なのだが、どういう方をお呼びしたらいいか?」といった内容のお問い合わせです。


一言に「人権」といってもなかなかイメージが浮かばず、なんだか難しい内容のお話をされる印象をお持ちの方が多いように感じられます。


そもそも人権とは『人間に当然与えられるとされる権利』(:新明解国語)とあります。つまり、人を大切にする、また思いやりを持つ、周りの人に感謝するなど、講演を行う多くの講師のテーマの根底に共通してあるものだと考えます。多くの講師が人との繋がりや大切さを成功体験の中で実感されているからです。


そういった意味では、「人権」はもっともポピュラーなテーマのようにも思えます。


先日、『世界がもし100人の村だったら』の池田香代子先生の人権ご講演会に同行致しました。
「私達は無力ではなく、微力である。」と語る先生の言葉に、微力が大きな力に繋がることの事実と素晴らしさを感じました。


講演後の書籍販売では、池上彰さんとの共作『日本がもし100人の村だったら』を中心に、ほとんどの書籍が完売致しました。
純利はすべて寄付に充てられます。
誰かのために何かを始めるきっかけを得られる。
それが人権講演会の意義のようにも思えました。


「人権講演会を企画中なのだが、どういう方をお呼びしたらいいか?」弊社には4500名を超える講師が登録しております。
お客様に合わせた人権講演会をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。


ike.jpg


池田香代子 講演依頼情報


繁田 翠


2011年4月25日

家田荘子さんの動画メッセージ紹介

先日、作家の家田荘子さんにご来社頂きました。
家田さんといえばこれまで光の当たっていなかった世界や人々にスポットを当て、
取材することによって社会問題を提起し、映画の原作にもなった『極道の妻たち』はじめ
数多くの著書を発表されています。


今回、講演会ならびに講演依頼.com内での動画メッセージの撮影の打ち合わせでご来社頂いたのですが、その際最新の著書
【少女は、闇を抜けて―女子少年院・榛名女子学園】(幻冬舎)を頂きました。


内容は家田さん自身が女子少年院に取材を続け窃盗・詐欺・覚せい剤、売春・オヤジ狩り・集団リンチなどの犯罪を犯した少女たちの告白を綴ったノンフィクション作品です。


これからもこのような取材を続け、弱い立場の方や苦しんでらっしゃる方々の真実を伝え続けたいとおっしゃる家田さんの講演会は全国の行政様並びに教育機関様での人権教育講演会で大変好評頂いております。


家田さんの講演会の雰囲気を少しでも感じて頂けるようにプロフィールページの中に
動画メッセージをアップさせて頂きましたので是非一度下記のページをご覧頂けますと
幸いです。


是非一度家田さんの講演会をお問い合わせください。


家田荘子 講演依頼情報


山崎純平


About 2011年4月

2011年4月にブログ「講演依頼.com スタッフブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type