― 2006年の日記 ―――――
 12/25 2006ホノルルマラソン物語り。(その2)

右足の踵に痛みが走った!
あっ、あの時と同じ痛みだ…」
足を引きずりながら降りた。

思えば10月22日、結婚パーティーの翌朝、
ベッドから立ち上がろうとしたその時、左足の踵に激痛が!
数日前から右脇腹も痛くて寝返りも出来なかったので病院へいった。
レントゲンの結果、肋骨2本にヒビ入っていた。
これは10月の上旬に気管支炎を患い、激しい咳を繰り返した衝撃によるものらしい。
足の痛みは、骨と筋肉の付け根が炎症を起こしていると言うことで、
湿布薬だけで、普通に歩けるまでに2週間かかった。

「マラソンは無理だぁ」。

次回へ続く。


 12/20 2006ホノルルマラソン物語り。(その1)

7時間24分52秒で完走。
今回の目標タイムは5時間台だったのに、思わぬアクシデントが…。

12月7日成田空港に早めの到着。早々に全ての手続きを済ませ、
妻と二人ラウンジでゆっくり飲みながらも、心はすでにホノルル。

20時20分:ほろ酔い気分の二人を乗せジャンボ機は離陸…。

まもなく、いろんなお酒を乗せたワゴンが近づいて来た。
二人はまずシャンパンで乾杯!
そして機内食を楽しみ、快適な空の旅は続く。

数時間の眠りから覚めた時、窓の外はもう明るくなっていた。
いよいよ1年ぶりのホノマラだ!
慎重なスタートと無理をしないペース配分を頭に描き、そこに観光気分は全く無い。

飛行機は小雨模様のホノルル空港に滑るよう着陸をした。
そして、シートベルトをはずし、勇んで立ち上がった、その瞬間!
あっ!な、何だッこれは~

次回へ続く。


 11/15 新ストーブの火入れ式
ストーブが設置されて一週間が過ぎ、初めて焚き付けた。

ようやく居間らしくなり、ゆれる炎を見ていると何故か心が落ち着いてくる。
酒を飲むペースも心なしか、ゆっくりになる気がするから不思議だ。

こんなスローな時間を大切にしたいと思うのであった。

 11/7 秋深まる新潟

新潟大学の新大祭に呼ばれて行って来た。
さぞかし寒いであろうと身構えて行ったが、風も無く空は青く、
穏やかこの上ない天候の中での講演だった。

学生たちは皆礼儀正しく、盛り上がりのある講演であった。
そして、帰りの新幹線の車窓から見る夕日がまた雄大で、
あまりにも見事で言葉を失う。
思わず北朝鮮に拉致された人たちの無念さを感じ、
一日も早い解決を願ったのである。

 10/20 ドラマちびまる子ちゃん・ドラマ第二弾

今日ナレーションを入れ終わる。
更にパワーアップしていて期待出来ます!
放送は十月三十一日(火)夜七時から!乞ご期待です。

 10/17  我が家で初の露天風呂。
自分で青図を書いてから一年半。
ようやく住める状態になり、温泉も通り、初入浴。
心地よい夜風を感じながら遠くに伊豆大島の夜景を見て、しみじみと湯に浸かる。
思うように工事が進まず長引いたが、まずは一区切りだ。

あとは結婚パーティーとホノルルマラソンが待っている。
激動の下半期だ。
心して今年を締め括らねばと思う、今日この頃である。

 9/8  海水浴へ行ったものの…
快晴で風も無く、これから水温が高くなるので、ちょいと出かけてみた。
ところが台風の影響で大波、とても泳げる状態ではなく足だけの海水浴であった。

恐れを知らない若者たちが何人かいたけど、
ほとんどの人は大きな波を眺めて楽しんでいた。

波さえ無ければ伊豆の海はまだまだ泳げる。
海の近くに住んでいて一回も泳いでないのが悔しい!のである。

 9/1  父

8月23日、老衰により次なる生に向かって旅立った。享年89。
テレビから、キートン山田の声が聞こえないと
「仕事は大丈夫なのかなぁ」といつも心配していた。
再放送に気付くようになったのはつい最近だ。
一番のキートンファンだったのかも知れない。

自分が上京してからは優しかった思い出ばかりだ。
衷心御冥福を祈る。合掌。

 8/15 二度目の富士山登頂物語り

妻と二人で日帰りに挑戦!早朝に家を出発、深夜に帰宅。
五合目から七時間で頂上に。ナント六割がアジアをはじめ外国人の観光登山者。

皆軽装。私が途中で落とした小銭入れを外国人が拾ってくれて、
たまたますれ違いざまに発見し手元に。

盲導犬に使われる犬が飼い主と登り切り、下山、
しかし下りは苦手らしく飼い主が肩車をして下りていた。

七十才半ばの男性が、止まっているのか、歩いているのか
分からないペースだが結局は我々より早かった。

家族で来ていて途中ではぐれてしまい、
真っ暗になってもめぐりあえない親あり。

これが最後の富士登山にしよう、と思う。


 7/26 東京マラソン2007

来年2月18日の第一回東京マラソンに挑戦!
申し込み者多数のため抽選になってしまったが、
当選を前提に日頃の準備に気合いを入れなければ。

雪が降るかもしれない東京の二月、都庁前をスタートして
無事にお台場にゴール出来るのか…。
最初で最後にする。予定。


 7/18 ちびまる子・15 周年記念ゴルフ

全国軒並み30度以上の日にゴルフ。
13ケ月ぶりのラウンド、すっかり初心者に戻っていた。

上手くなるには時間がかかるけど、下手になるは簡単だ、何事も。
父ヒロシ・卑怯者の藤木君と三人の組で楽しくまわる。
優勝は丸尾くんの母さま役の・折笠愛ちゃんであった。


 7/14 遂に再婚!

七年間の独身生活にピリオドを打ち、実は六月七日に入籍!

嫁さんの名前は(志保)。
ちょっと驚く年の差も気にせず、ユニークで新しい生活が始まった。

二人で田舎暮し、でも人が集まる、楽しい家庭
を目指して努力をしていこうと誓うのであった。

 7/13 ホノルルマラソンまであと半年

ようやく、その日を意識して体づくりを始めようと思う、今日この頃である。

気のせいだろうか、ジョギングをしている人を見ると
皆ホノルルを目指している人に見えてくる。
それがまた刺激になって頑張れる。

体にも、心にも汗をかく青春でありたい、と思うのであった。

 7/6 夏近し!
伊豆高原で、矢車トンボ(北海道ではそう呼ぶ)を発見した!

夏から初秋にかけて夕焼けの空を埋め尽くすほどの
トンボの大群を思い出す。

それはいつも、風の無い穏やかな夕暮れ時だった。

 7/5 雨上がりの、伊豆の山々。

梅雨の季節で雨の降る日が多いけれど、上がった後の静かな時間、
山々の谷に、幾筋の白い雲が生まれ、ゆっくり立ちのぼっている。

癒される。

なのに、ミサイル七発を日本に向けて発射!
狂った指導者がいる国は、何も知らない国民がかわいそうだ。
団体もしかり。

 6/27 初めての検査。

骨密度、血管年令、筋力、体のバランス、体脂肪などなど。
果たして結果は?

大変気になるところだったが、年令相応で全く問題なし!であった。
注意としては、これで油断をしないこと。欲が出るもので次回は、年令よりやや若い!
なんて結果が出るように食事のバランス、運動に心がけたいと思うのであった。


 6/15 新築の我が家

やや遅れ気味ではあるが着々と形になってきた。

現場を見ていて、大勢のかた達の手によって建てられているんだなぁと実感できる。
ありがとう!という感謝の念が自然に湧いてきた。
これからも経過を眺めていきたい。



 5/15 旭山動物園は素晴らしい

札幌幌の実家に来たついでに話題の動物園に足をのばしてみた。
園内はゆったりしたスペースで、
見晴らしの良い景色の中で動物たちを観ることができる。

また其の観せ方に工夫があり、一頭の動物を
いろんな角度から立体的に観られるので、
楽しさ五倍って感じだった。

スタッフが皆あったかく感じがいいし、人気は本物であった。



 4/7 今年の初竹の子は…。

庭の竹の子、例年ならまだ土の中だがナント
猪が途中まで掘ったもので、難なく収穫。
早速、タケノコご飯。

これからしばらく楽しめる。
また頼むイノシシ君。



 2/23 ヨッ!江戸むらさきの社長!

私が物心ついた頃から、いつも食卓にあった “何はなくても江戸むらさき”。
「ごはんですよ!」で憶えている方も多いかもしれないが、
間違いなく骨の一部になってるし、身体を作ってきたご飯の友だ。

ナントその小出社長を訪ね、お話を聞く機会に恵まれた。

80歳とは思えないお元気さと「良品質な製品を消費者に」のこだわりを見た。
貴重な体験など話は尽きなかった。ありがとうございました。


 1/5 新年・特別な一年のスタート

還暦後一年目の正月。
昨年は納得の年男の一年を送ることが出来た。

本年は人生新たな出発にあたり五年後を一つのゴールに決めて前進!
七年ぶりに、五年日記を始めた。
二度目の挑戦だ。

どんな自分歴史が刻まれるのか楽しみである。

伊豆は朝から雪!
枯れ木に白い花が咲き乱れている、庭は真っ白。
予定外の雪見酒。


新年 仕事始めの第一歩


一月五日 キートン山田

 


 ■Backnumber


 2005年の日記
 2004年の日記