2017年5月16日

 「動」。
 これは今期の弊社のスローガンです。
 このスローガンは、社員から発案されたいくつかの
 スローガン候補の中から多数決で決まりました。
 多数決でこの動に決まった時は、本当に嬉しく思いました!


 IMG_0016.JPG


 というのも、創業期に動が理屈抜きで大切だと体感し、
 かつこれが個人と組織のどちらをも成長させてくれるものだと、
 実感させられていながら、この動がいまのうちには少し足りないな、
 と思っていたからです。


 ここで少し創業期の体験を話します。
 実家の自分の部屋で創業した頃、当然ですが、営業も経理も
 なんでも自分でやらなければなりませんでした。
 ですから悩んでじっとしている暇がなかったのです。
 とにかく動いていなければいけなかった。


 しかし振り返ってみると、悩んでいる暇がなく、
 動かなくてはいけない状況に置かれたのは本当によかったと思います。
 というのも大抵の悩みが「大した問題ではなかったからです」。
 自分が大した問題にしていただけだったからです。
 人は余裕があればあるほど、余計なことを考え悩みを自身で増やして
 しまいます。


 動きながら考えることです。
 そして、たとえその結果がよくなかったとしても、
 動きながら修正をすることです。
 致命傷にはならないであろうと、予測がついたら、
 考え過ぎずに、とにかく動くことです。

 


2017年5月11日

アバクロの身売り

 今日のyahoo!のトップニュースで、
 アバクロが身売りを検討しているというニュースを見ました。


 ここ最近業績がよくないという噂は聞いていましたが、
 いよいよこの段階に入ったか、という感じです。


 数年前までは、飛ぶ鳥を落とす勢いだったことを
 思うと、企業を取り巻く環境の変化の怖さをあらためて
 実感させられます。


 このニュースの中で、アバクロの業績悪化の要因のひとつ
 として、若者が目立つロゴが敬遠し始めたということを、
 あげています。


 よく企業の生き残りの条件として、多くの有知識人の方々が
 それは「変化」に対応することだ、と言われますが、
 これがまさに今回のアバクロの状況と一致してきます。
 こういうニュースを見る度に、変化の大切さを再確認させられます。


 うちも常に変化に柔軟であり、常に変化のできる柔軟な
 組織であり続けようと思います。
 今日の常識は、明日の非常識です。


2017年4月27日

Ghost in the Shell

 映画「Ghost in the Shell」を観てきました。
 もうご存知の方は多いと思いますが、この映画は
 日本の人気SF漫画「攻殻機動隊」のアメリカ実写映画です。


 この作品の中で語られているのは、進化した電脳技術と
 人間の幸せです。主人公のミラ・キリアン少佐/草薙素子は、
 脳以外は全て義体化された自分の、その過去について悩み続け、
 ある真実に辿り着きます。
 人間の幸せとは何か?、このことをたえず考えさせられる映画です。


 IMG_0011.JPG


 いま弊社では、AIやIOTを活用したその先にある未来についてや、
 人間の脳をよりよく活用して、ビジネス効率をアップさせる、
 といったような内容の講演会やセミナーの相談が目立って多くなってきています。


 大切なことは、あくまでも人の幸せです。


 そのためにAIやIOTはあるわけで、これらの技術の進化
 そのものにあるわけではありません。
 このことを常に忘れずに、弊社では仕事に取り組んでいきたいと思います。
 


2017年4月21日

新企画「プロフェッショナルに訊く!」がスタート

 昨日から、新企画「プロフェッショナルに訊く!」がスタートしました。
 この企画は、様々な分野のプロフェッショナルの方々からその思考やノウハウ
 を直接引き出し、ウェブで簡潔に公開するショートインタビューです。


 第1弾はシャルル・ジョルダン、カッシーナ・イクスシーなどでマーケティング
 や経営に携わった高橋克典さんです。


 高橋さんが語られる『中小企業に向けられた「"稼ぐ力"をアップさせるコツ」』
 は必見です!


2017年4月14日

成功した経営者のストーリーと共通点

 弊社の営業部の中村潤一が発行しています、
 成功した経営者の「共通点」ブログが、経営者講師の
 ご招聘をご検討のみなさまには、大変役立つと思われますので、
 ここに紹介させていただきます。


 このブログでは、中村が何年もの間書き溜めたたくさんの経営者講師の
 方々の講演社内レポートを外部用にまとめさせて頂き、経営の舞台裏にある
 ストーリーや、成功した経営者たちの共通点が紹介されています。


 手前味噌ですが、とてもいい内容になっていると思います。
 随時更新されていますので、ごひご覧ください!
 
 


2017年4月 7日

より勉強しなくては

 2000年6月の講演研修事業創業時から比べて、
 最近ご相談をいただくテーマや内容がとても細かく、
 専門的になってきたように感じています。


 2000年当時は、リーダーシップについてとか、
 マネージメントについて、組織論についてなどと、
 いまと比べるともう少し大きな視点でのご相談が主だった
 ように記憶しています。しかし今は「時間管理術について」とか、
 「自然の力を組織に生かすには」「明日から成果をあげるためには」
 などといったように、以前主にご相談をいただいていた内容よりも
 細分化され専門的になってきています。もちろん、上記のような
 大きな視点のご相談も変わらず多いのですが。


 このような細かく専門的なご相談にしっかりとお応えさせて
 いただくためには、我々は日々より勉強をしなくてはいけません。


 様々なご相談をいただくのは本当にありがたいことです。
 どんなご相談にもお応えできるように、これからも、
 全社を挙げてより勉強をしていこうと思います。


 IMG_1071.JPG


2017年3月30日

語らず、語る

 先日、国立新美術館で開催されている、
 草間彌生展に行ってきました。


 草間さんといえば、色鮮やかな水玉模様ですが、
 若い頃に滞在していたニューヨーク時代には、自身の複雑な
 内面をトーンを暗めにして表現している作品をたくさん
 描かれています。


 この時代から時系列で現在までの作品を眺めていると、
 人の歴史は多面的であり多面的であるから面白い、
 と感じられてきます。


 絵画やオブジェ自体は何も語りませんが、多面性の面白さ
 という価値観を無言で私に語りかける。
 アートというのも、講演会とはまた違って面白いものです。


 これから語らず、語るということも、
 講演の世界で表現できないかな、とそんなことも
 思えてきました。


 IMG_1059.JPG

 

 
 
 


2017年3月22日

季節の変わりめ

 季節の変わりめというのは、いいものです。
 気分を一新し、また新たなチャレンジを!
 エントランスにサクラを飾りました。


 IMG_1056.JPG
 
 


2017年3月17日

あらためて運動のすすめ

 もうこのブログで何度も書いていることですが、
 みなさん、定期的な運動をぜひやりましょう!
 たまの息抜きではなく、生活の一部となるような運動を。


 学生から社会人になり、30代前半でわたしは
 極度の腰痛に悩まされました。その原因を探るうちに、
 それが運動不足にあったと知ってから今まで、
 運動を生活の一部にしています。
 定期的な運動をスタートしてからは、もちろん腰痛に
 悩まされることはなくなりました。


 この原因を知る前は、腰痛はマッサージと休息で治すものと
 勝手に思い込んでいました。もちろんこの方法は間違っては
 いませんが、一過性であり、腰痛の根本回避にはなりません。


 3月も後半となってきて、陽気もだんだんと温かい日が増えて
 きました。運動に出ましょう!


 IMG_1045.JPG
                 (白金オフィスよりのぞむ晴天)


2017年3月 9日

コンサルティング系講演会

 コンサルティング系講演会。
 これはわたしの造語ですが、より専門分野を
 講演会の形式で勉強して、それを確実にビジネスや
 生活のシーンで活かしたい。
 こういったニーズが増えてきています。


 講義や研修よりも少しくだけた形式にすることで、
 参加者の参加意欲を喚起する。
 講義や研修では演出しにくい少しラフな雰囲気を
 講演会なら演出できます。
 またそこが主催者様としてのうちに対する期待でも
 あるように思っています。


 このご要望にしっかりと応えさせて頂くためにも、
 ぺルソンはより勉強することと演出する力に磨きをかけなくては
 いけないと思っています。


 勉強を楽しく、そしてそれが確実にビジネスや
 生活のシーンに役に立つこと。


 これからも日々精進していきます。