2018年6月29日

また、1秒後の未来

 前回に続きまた、1秒後の未来について書くことになるとは。


 サッカー日本代表が決勝トーナメント進出が決まりましたねー。
 昨晩の試合で後半にポーランド代表に1点先取されてからは、
 あー決勝トーナメントはもうダメかな、と私を含めかなり多くの
 日本人サポーターがそう思ってしまったのではないでしょうか。
 

 ところが一転、同時進行していたコロンビアとセネガル戦で、
 コロンビアが1点先取したという情報が入るや否や、
 私を含めサポーターの顔色が急に血色よくなっていたはずです。


 両試合がこのままの状態で終了をすると、フェアプレーポイントの差で
 日本代表が決勝トーナメントに進めるのです。


 それから西野監督が取った戦術についてはみなさんご承知の通りだと思います。


 西野監督が取った戦術に対して、なんかモヤモヤするよな、とか
 フェアーじゃないんじゃない、などの意見を聞きますが、
 私は大きな拍手を送りたい。実際、その戦術を取り始めた時から、
 私はテレビ画面に向かってずっと拍手で応援し続けていました。
 それでいいぞっ、それでっ、と。


 勝負の世界は厳しいもの。
 その厳しさを知っている人であればあるほど、
 必ずあの戦術を称賛するはずです。


 日本代表は、今回の試合でも1秒後に何が起こるかわからないぞっ、
 ということを教えてくれました。


 あらためて、ビジネスの世界でも1秒後に何が起こるかわからないぞっ、
 の精神が大切なのです。


 


2018年6月20日

1秒後の未来

 サッカー日本代表がコロンビア代表に勝ちましたねー。
 日本がワールドカップで南米のチームに勝利をするのは初めてのようで、
 これが勝利の歓喜にさらに拍車をかけましたね。
 すごい!


 私は代表監督が西野朗さんに変わってから、きっと多少は
 いい結果になるんじゃないかな、と予想をしていたのですが、
 正直なところコロンビア代表には1対3くらいで、負けるんじゃないかな、
 と思っていました。
 いけませんね。


 1秒後に何が起こるかわからない。
 これは私が20代の後半に起業してから現在までに体験してきたことから、
 私自身の哲学のひとつとなっているものなんですが、
 このことをサッカー日本代表にも当てはめることを忘れていました。


 予選リーグ、まだまだ厳しい試合が続くと思いますが、
 日本代表の1秒後の未来を常に前向きにイメージして、
 応援を続けていきたいと思います。



2018年6月13日

一歩を踏み出したこと。

 きのう、世界が大注目をした史上初の米朝会談が行われました。
 私もその様子をかなりの時間見つめていました。


 そして当然ですが、会談中また会談後に各方面の方々がその内容について、
 たくさんのコメントや感想を述べていました。
 この会談は北朝鮮の方にかなり有益なものとなった、合意文書がかなり抽象的
 すぎる、合意しただけでなく実施されてこそ意味がある、完全な非核化へ
 具体策なし、など。


 どの意見も確かにその通りだと思えるものばかりでしたが、
 私は会談の内容以上に、この会談が実施されたこと自体に意味を見出していました。


 イノベーションという言葉があります。
 いま、多くの人がこのイノベーションの重要性を説いています。
 しかし、言うは易しで、このイノベーションはそう簡単に、
 起こせるものではありません。議論を重ねただけでは、
 しているだけでは全く起こすことはできません。


 イノベーションを起こすためには、まず一歩を踏み出すことです。
 そして起きるまでその行動を止めないことです。


 今回の米朝会談を通じて、これまで全く風穴を開けることの
 できないでいた数々の問題に一筋の光が差しました。
 日本でいえば、拉致問題。この拉致問題が解決をするかもしれません。
 もし解決をすれば、それこそイノベーションに匹敵をするような出来事です。


 様々な意見がありますが、まずは一歩を踏み出したこと。
 踏み出せたことに、私は今回の会談の大きな意味を見出しています。



2018年5月30日

日大アメフト部とマネジメント

 ここ最近、毎日のように日大アメフト部の問題が
 各メディアで報道をされています。


 とても大きな問題であり、この問題がスポーツの世界だけでなく、
 各種団体でも発生しかねない問題だと思うので、私も強い関心を
 もってその経過を見つめています。


 今回の問題は、一言でいえばマネジメントの在り方です。


 トップがある思考をもって、その思考を組織で実現させるために、
 徹頭徹尾の管理をしていくと、良い悪いではなく、組織はその思考の
 方向に向かっていきます。


 トップの思考と管理。これがマネジメントです。


 日大アメフト部は、トップに対する牽制がまったく効いていなかった
 ようです。その結果、悪い方向に向かい、最悪の事態となったのです。


 マネジメントは、時代と共に変化をさせていかなければなりません。
 そのためにはトップや管理者層の人たちは常にマネジメントを
 勉強し続けなければなりません。



2018年5月18日

気楽に質が高くてシンプルに

 有名な方に講演依頼をするって大変なんだなっー。
 包み隠さず言うと、これが私が講演依頼.comというビジネスモデルを
 創業するきっかけとなった少し青臭い理由のひとつです。


 最近、ふとっ当時のこんな気持ちを思い起こしながら、
 現在の状況と照らし合わせ、少し先の将来を見つめていました。


 いま、創業期から比べれば、私のように講演依頼をしたいんだけど大変だよなっ、
 と思われている方々に少しはそれを和らげられる存在に
 なれてきたんじゃないかな、と思います。
 でも、理想とする姿と照らし合わせるとそれはまだまだのように思っています。


 いまや大企業の仲間入りをされたユニクロさんと対比するのは、
 少々気が引けますが、日々の洋服を気軽に比較的低価格で買えて、
 かつファッショナブルで、というスタイルに講演依頼.comが理想とする
 事業形態も被るところがあります。


 講演や研修の世界で、ユニクロさんが流通を上記のように革新をさせたように、
 我々もこれまで以上に、講演・研修の世界で革新を起こし日々理想に近づけて
 いきたいと思っています。
 

 我々、講演依頼.comはまだまだです。
 これからもう少しスピードを上げ、かつサービスもより向上させ、
 より気楽に質が高くてシンプルに、講演や研修講師の依頼を
 して頂けるように更に精進してしていきたいと思っています。



2018年5月15日

研修(講演)の重要性

 人は誰でも知らないことを知りたい、
 知らないことを知って、今よりも少しでも
 賢くなりたい、そうどこかで思っていると思うのです。


 そして、少しでも賢くなった人は、
 必ず組織に以前よりも少し多めの利益をもたらします。


 私が初めて研修に近い講演を聞いたのが、
 大学を出て最初に勤めた会社でのことでした。
 その時の純粋な気持ちが冒頭で書いたものです。


 そして33歳の時から携わっているいまの仕事で、
 確信をしたのが冒頭の次の行で書いたものです。


 もし30人の営業マンに講師費用が30万円の研修を
 受けさせたとして、そのうちのひとりが今よりも30万円
 多い利益を会社にもたらしたとしたら、その時点でこの研修費は
 ペイをしてしまいます。実際はもっとたくさんの利益を
 もたらすと私は確信していますが。


 会社によって研修にかけられる費用は高低あると思いますが、
 会社の業績を少しでも上向けさせたいと思うならば、
 できる範囲の費用で構わないので、人材教育には費用をかけるべきです。


 私はそれを確信しています。



2018年5月 9日

ワークライフリンクな生き方

 欧米と比べて・・・。
 いまだにこんな言葉をメディアでよく聞きまた目にする。
 もういい加減にこの比較から卒業をしなければいけない。


 欧米と比べて日本人は働きすぎるから、
 働き方改革をしてもっとプライベートを大切にすべきだ。
 欧米と比較せずとも、働き方は常に日本人に合うやり方で向上させ、
 プライベートも日本人に合うやり方で充実させなければいけないのだ。
 我々は欧米のために働くわけでもなければ、欧米のためにプライベートを
 充実させるわけでもないからだ。


 もう我々は、盲目な欧米追従と自虐的な思考から卒業せねばならないと思う。


 日本人はワークの中に生きがいを見出す仕事観で長い歴史を生きてきた。
 西洋はキリスト教的なワーク観で、ワークは天から与えられたバツである
 という観点から、ワークとライフをバッサリと切り離していく。
 どちらがいいワルいというわけではない。


 比較の問題ではなく、日本人はワークとライフを上手にリンクさせ、
 ワークとライフの両方に生きがいを見出していくことの方が、
 やはりとても合いしっくりとくると思う。


 このブログで頻繁に伝えているが、あらためて我々日本人は、
 ワークライフリンクな生き方をすべきだと思う。
 
 


2018年5月 2日

経済と経営者

 50年生きてきたが、変わらぬルールがいくつかある。
 この変わらぬルールの中で、私が一番関心を寄せているのが、
 やはり経済の好不況に関することである。


 不況になると、国はあらぬ方向へと進み始める。
 好況であれば、国は概ね安全な状態である。


 経済の一翼を担っている経営者は、どんな事情であれ、
 国が好況であるよう、自分たちにできる努力を怠ってはいけないと思う。
 収益減 → 社員の不幸 → 国の不幸 → 国のあらぬ方向。
 こういうスパイラルの一翼とならないように。


 経営者は好況の一翼であり続けるために、
 時には良い狂気で経営をせねばならないと思う。



2018年4月12日

意見には責任を、文句には代替案を

 ビジネスをしているとよくこんなシーンに出くわす。
 ある事案について意見を言う割りにはその意見に対して、
 責任を取ろうとしなかったり、また文句を言う割りには、
 代替案を用意していなかったりといったシーンに。


 私はこういったシーンに出くわす度に、そういった行動を取る
 人を子供だな、と思ってしまう。
 言いっ放しは幼児期の特典であって、成人したビジネスパーソンには
 決して許される行為ではない。
 ビジネスパーソンは必ず、言った意見や文句に対しては、
 必ず責任を取るという覚悟と代替案をしっかり用意しておくという
 大人の準備が必要である。


 こういうことを言うと、それでは組織全体が発言しにくい風土となり、
 発言のされない組織だと「適当な発言」から稀に生まれる
 ビッグアイデアなどを得る機会を損失してしまいかねなくはないか、
 という意見が出るかもしれない。
 そうしないためには、フリーな発言を良しとする会議を
 別に用意すればいいのだ。


 なので、やはり日常のビジネスシーンでは、
 発言に対して覚悟と代替案の準備は癖付けすべきだ。


 ちなみに弊社では月初の全体集会で成績のいい人に、
 自慢話しをするように即している。その話しに対しては何の条件も
 与えていない。フリーに話をさせる。自慢話しは宝の山なので、
 その話からビジネスヒントを得る機会が多々あると思うからだ。
 
  


2018年4月 5日

浪漫。

 浪漫。
 こんな言葉はもう古臭いのでしょうね?
 あまり若い世代の人たちから耳にすることは、ありませんので。


 夢をもつこと、未来に対して冒険心のような意欲を
 持つことを浪漫といいます。


 実のところ、今の時代に限らず、私が20代の頃でも
 浪漫という言葉を使う人はそれほど多くなかったのですが、
 私はこの言葉の持つトーンが大好きで、なんとなく
 現実に押しつぶされているような人、ネガティブなことばかりを
 口にしている人に会うと「なあロマンを持てよ」なんてよく言っていました。
 そして今でもこの浪漫という言葉をよく口にしています。


 今年も4月に入り、例年通りテレビや街中で不慣れなリクルートスーツに
 身を包み、ぎこちなく歩く新卒社員を目にするようになりました。


 download.jpg


 そんな姿を目にするたびに私は心の中で、おい浪漫持てよ、
 浪漫がなければ生きていてもつまらないぞ、と囁いています。


 実は、自分に対して囁いているのかもしれないのですが。